1216

蛇食磐(県天然記念物)

大竹 蛇食磐蛇喰磐(県天然記念物)

蛇喰磐(昭和23年9月27日県天然記念物指定)は、小瀬川とその支流の玖島川との合流点にあります。この一帯は長さ80m幅30m前後にわたって河床の岩磐が、長年の水の浸蝕で大小多数のおう穴を形造られ珍しい景観を呈しています。

これらのおう穴は近くの霊山、三倉岳の大蛇ケ谷と小蛇ケ谷にすんでいた大蛇と小蛇が三倉・瓦小屋の尾根伝いに出かけて岩磐を食べていたのでこのような形になったと伝説があります。


コメントは受け付けていません。

最新の情報

西国街道 ウォーク 11月25日(日)

西国街道を歩いて史跡・旧跡を巡り、江戸時代~幕末の大竹市の歴史や文化を、肌で感じ...

続きを読む »



コイ・こいフェスティバル 11月11日(日)

とき 2018年11月11日(日) 9時30分~16時 雨天決行 場所 大竹市...

続きを読む »